オフィス

中国語の翻訳やテープ起こしなら│翻訳会社に依頼しよう

交渉事の翻訳は

オフィス


海外企業と交渉する際には、日本語でやり取りするわけではないので、通訳などを連れて交渉することが多いとされます。しかし、通訳の翻訳はその場の一時的な訳にすぎないので、正確性に欠ける面もあるかもしれません。そこで、多くの企業は交渉のときにはテープを用意して、そこでの会話を録音することが多いようです。交渉後にそのテープを持ち帰って文字にして起こし、日本語訳します。しかし、交渉は文章でのやり取りとは違い膨大な数の会話をやり取りすることになります。したがって、起こすために必要な文章も書類の翻訳とは比較にならないような数になります。このような面倒なテープ起こしの作業を翻訳会社が肩代わりしてくれます。ビジネスの世界では専門的な用語が飛び交うので、少しは言語に自信があっても少しでも自分の専門性から外れると、まったく理解ができなかったりします。しかし最近の翻訳会社は、それぞれの分野に精通した翻訳家たちが多数在籍しているため、どのような分野のテープ起こしも難なくこなすことができます。また、英語などは世界共通語として広まっている反面、その地域の独特の訛りがでてしまうことがあります。そのため、英語のエキスパートでも地域特有の訛りは聞き取れないことがあるようです。しかし、翻訳会社のなかには様々な地域のネイティブを在籍させているため、どのような英語の訛りでも、正確にテープ起こしをすることができます。テープ起こしを翻訳会社に依頼する際は、専門性に通じた翻訳家や様々な地域のネイティブがいることを確認することが大切です。