スーツの男性

中国語の翻訳やテープ起こしなら│翻訳会社に依頼しよう

パソコン

海外企業とのやりとりに

海外企業とのやりとりで使用するビジネスの関係書類は、翻訳サービスを実施している会社に任せることが大切です。専門性に優れたスタッフが、迅速に書類を翻訳してくれます。また、文字数によって値段が変わるところが多いです。

詳しくはこちら

案内

会社を選ぶポイント

企業では急に書類の作製が必要になることがあるので、翻訳会社を選ぶときは急な依頼でも対応できるところを選ぶことが大切です。また、書類の情報が外部に漏れないように、セキュリティがしっかりしている会社を選ぶことが重要になります。

詳しくはこちら

オフィス

交渉事の翻訳は

テープ起こしは膨大な量の会話を文字に起こして翻訳する作業なので大変です。翻訳会社にはテープ起こしにも対応しているところがあり、専門性に富んだ翻訳家や様々な地域のネイティブが、正確な翻訳をしてくれます。

詳しくはこちら

複数の会社に依頼しよう

パソコンを操作する女の人

近年は中国企業と業務提供する日本の企業が増加しており、中国語の需要はますます高まっています。中国企業と重要文書を交わす場合、それが中国語で書かれていることがあるでしょう。そのような書類のやりとりをする回数はとても多いため、全て自力で翻訳するのは難しいといえます。そのため、中国語を専門に翻訳してくれる翻訳会社を探しましょう。翻訳会社に依頼するときは、気を付ける必要があるポイントがあります。それは一つの翻訳会社だけに限定して依頼しないということです。翻訳のニュアンスは人や会社によって変わってくるので、同じ文章でも翻訳することで文章のイメージが大きく変わることがあります。日本語は文章表現が多岐にわたるので、少しニュアンスを変えるだけで、相手に与える印象は変わります。したがって、同じ書類でも翻訳を依頼する会社は複数にすることが大切です。いくつかの翻訳文章を会社に持ち帰って、会社の意向に最も近い翻訳がされたものを採用するといいでしょう。また、翻訳を依頼した企業に正確な翻訳をする判断された会社はまた利用されることがあるかもしれません。翻訳会社によっては定期的に依頼してくれる企業に対して、翻訳料の割引をしてくれるところがあります。翻訳してほしい書類がたくさんある場合は、費用がおさえられるため、もし気に入った翻訳会社があれば、そのような割引サービスをしているのか確認してみるのもいいでしょう。さらに、会社によっては明らかな誤訳が複数あったりすると、料金が無料になるケースがあります。翻訳会社は正確に翻訳することが大切なので、大きなミスが多すぎると、依頼した企業から契約不履行と見なされる可能性があるからです。また、翻訳ミスを指摘すると、もう一度やり直してくれる会社もあるようです。